治療内容

初診相談 十分に時間をかけさせて頂きます。受診にあたってはご予約をお願いします。
保険の適用が認められている疾患に関する診療は初診当日に保険証と乳児医療券等をお持ち下さい。
口唇裂・口蓋裂治療 出生直後(条件が許せば出生当日)から必要な治療を開始します。
通常の歯列矯正に加え
   術前顎矯正・・・初回手術条件を改善します
   歯肉骨膜形成・・・二次骨移植の必要性を減じます
   顎裂二次骨移植・・・顎裂骨欠損部への永久歯萠出や移動が可能になります
   永久歯自家移植・・・補綴治療が不要になります
   上顎前方牽引・・・上顎の成長障害を非外科的に改善します
   骨縫合性の上顎拡大・・・歯列狭窄を非外科的に改善します
などを積極的に導入することにより治療目標の向上を図り、非口蓋裂患者と変わらぬQOL獲得を目指します。

※QOL獲得とは
一般に、ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質のことを指し、つまりある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念です。
小耳症治療 形成外科での耳介形成手術の待機期間を利用して、顎の大きさの左右差の是正を図ります。
マウスピース型の矯正装置を多用し、成長を利用して非外科的に行ないます。
耳介形成術後は本人および担当形成外科医を交えて再評価を行ないます。
一般審美矯正 一般の審美矯正も行っております。
保険の適用はありませんが、長年の経験を生かし美しい口元へ導きます。

 保険の矯正歯科治療が認められている先天疾患病名一覧

唇顎口蓋裂 ラッセルシルバー
症候群
エリス・ヴァン・クレベルト
症候群 
プラダーウィリー症候群   カブキ症候群
ゴールデンハー症候群
(鰓弓異常症)
ターナー症候群  軟骨形成不全症  顔面裂 クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群 
鎖骨・頭蓋骨異形 ベックウィズ・
ヴィードマン症候群
 外胚葉異形成症  筋ジストロフィー  ウィリアムズ症候群
クルーゾン症候群   尖頭合指症 神経繊維腫症  大理石骨病  ビンダー症候群 
トリーチャーコリンズ
症候群 
ロンベルグ症候群  基底細胞母班症候群  色素失調症   スティックラー症候群
ピエールロバン症候群  先天性ミオパチ  ヌーナン症候群  口・顔・指症候群   
ダウン症候群   顔面半側肥大症 マルファン症候群  メービウス症候群   

 提携医療機関

 形成外科 神奈川県立こども医療センター
横浜市立大学センター病院
横浜市立大学医学部付属病院
北里大学病院
横浜市立みなと総合病院
昭和大学病院
東京都立荏原病院
福岡大学病院
口腔外科 横浜市立大学センター病院
東京都立荏原病院
矯正歯科・顎口腔外科 東京大学病院
 顎口腔機能治療部 東北大学病院
 矯正歯科 昭和大学歯科病院
明海大学病院
福岡歯科大学病院
HOME / 院長ご挨拶 / 口唇口蓋裂について・診療設備 / 治療について・提携医療機関 / 料金について / 診療案内・アクセス/患者さまの声/お問い合せ
Copyright(C) 2010HIRAKAWA KYOUSEI All Rights Reserved.